WWDC 2016 Keynote in Japanese


1) 同時通訳中継日時

WWDC2016

macwebcaster.com(マックウェブキャスター・ドットコム)は米国Apple社が日本時間6月14日午前2時より開催するWWDC 2016 基調講演を日本語同時通訳いたします。なお、番組放送予定は下記のとおりです。

  1. 直前予想番組:6月14日午前1時20分頃〜
  2. 同時通訳:午前2時頃〜
  3. 事後反省会番組:同時通訳終了後

2) 視聴者アンケート

視聴者アンケートへ。ぜひ、ご協力下さい。アンケートの結果は番組内で発表いたします。

3) 同時通訳視聴手順

通訳放送の使い方ですが、下図のとおり、一つのウィンドウでAppleの公式生中継を見ながらもう一つのウィンドウでこのページの通訳放送を聞いていただく、という形式です。詳しくはこちらをご覧下さい。

Mac/Windowsで同時通訳中継を視聴するにはPC版ページ右上にある同時通訳中継のリンクを選んでクリックしてください。

nginxサーバーへngnixサーバーApple公式生中継と同時通訳生中継の時差を修正可能であり、番組が推奨する配信。
ニコニコ生放送の中継ページへニコニコ生放送コメント方式と文化が独自。プレミアム会員以外は弾き出される可能性あり。
nginxでの中継ページへYouTube生中継後の録画版も配信。nginxサーバーがアクセス過多で接続できない場合はこちらへ。

また、iOSデバイスでは番組公式アプリで生中継2画面同時に視聴いただけます(番組開始前はデモムービーが再生されます)。

4) 公式中継と通訳中継の時差

Apple公式生中継と同時通訳生中継との間に時差が発生することがあります。その場合の解決方法はこちらをご覧下さい。

5) 通訳/放送内容

この放送では、Apple公式の生中継を補助する目的の日本語通訳音声をお送りします。基調講演現地の生中継動画映像はお届けしません。公式生中継の映像と通訳を合成して放送することも技術的には可能ですが、Appleが著作権上、生中継動画の改変・再配信を認めていない(※画像参照)ため、視聴者の皆様の操作で2つの放送を同期いただいています。

番組中の同時通訳の方法は通訳人数によって異なります。詳しくはこちらをご覧下さい。

6) 通訳テキスト配信

友だち追加数通訳生中継と同時に下の一覧のソーシャルメディアにて通訳テキスト配信を行います。お好みに合わせてご利用ください。配信を受けるには、右側の登録用リンク、又は下の一覧のアイコンをクリックしてください。

@macwebcasterのtwitterページへtwitter@macwebcasterから1分に1回程度、速報通訳テキストを配信。視聴者からの#mwliveを付けたtweetは生放送画面に表示。
macwebcasterのfacebookページへfacebookfacebookページで10分〜15分に1回程度、まとめテキストを配信。
LINELINE@macwebcasterのトークとライムラインで10分〜15分に1回程度、まとめテキストを配信。

イベント当日のtwitterのハッシュタグは#mwliveです。#mwliveのついたtweetは同時通訳中継番組の映像に表示されます!(tweet多数の場合はサーバーの自動選別です)

テキスト配信への登録方法など詳しくはこちらをご覧下さい

7) スポンサー様・パートナー様

当番組は下記のスポンサー様、パートナー様にご支援いただいております。ぜひ、リンク先のサイトもご覧下さい。

スポンサー各社
Apple CLIP様毎週金曜日夕刻に配信!Apple CLIP様
パートナー各社
Engadget Japanese様メディアパートナーEngadget Japanese様
イラスティックコンサルタンツ株式会社様番組公式iOSアプリイラスティックコンサルタンツ株式会社様
WakiWaki.net様番組公式LINEスタンプWakiWaki.net様
iBgm.jp様オリジナルBGMiBgm.jp様

8) 問い合わせ先

当サイトについてのお問い合わせがありましたら、以下のメールアドレスまでお願いします。(但し、イベント直前のご連絡には対応できない場合があります。ご了承下さい)