Live Chat Help


macwebcaster.comのwebチャットは基調講演日本語チャットに特化しているため、ここで使い方を説明したいと思います。
1)画面構成
(強調部分の色は下図の点線の色と一致)
このチャットはAppleの基調講演日本語チャットに特化しているため、複数の表示欄を持っております。macwebcaster.comのロゴの左横には管理スタッフからのお知らせが表示されます。その下は日本語通訳が表示されます。その下がユーザー用チャットのログイン・メッセージ入力欄となっており、その下にはユーザーの皆様からのチャットメッセージが表示されています。全体の右側縦に並んでいるのが、最新の画像URL情報のサムネールです。

2)ログイン
下図のとおり、左部分の「ログイン」というボタンの横の欄に自分の名前(ハンドル等々)を入力し、「ログイン」ボタンを押すと参加できます。なお、名前などに制限がない替わりに、チャット全体として重複した名前も受け付けます。

名前を変えたい場合はログイン後に右端に表示される「bye!」のリンクをクリックして一度ログアウト後、別の名前で再度ログインして下さい。

3)文字色の指定とメッセージ入力
ログイン後は、入力欄右横にあるカラーピッカー(当初は黒)から一つ色を選び、シングルクリックして色指定を行います。
色指定が終われば、メッセージ本文を入力欄に普通に入力して下さい。入力後に、リターンキーを押すか、送信ボタンを押すとメッセージが送信されます。

ただし、簡易型のチャットと違い、ajaxで自動更新をしているため、自分が送信した直後にメッセージは出てこない場合があります。自分の書き込みが反映されていないからといって「送信」ボタンを何度も押さないで下さい。
4)チャットとtwitterの統合
twitterのアイコンと隣合わせの「無」・「有」切り替え表示はwebチャットのユーザーと、twitter上でハッシュタグ「#mwlive」をつけて発言している方を同時に表示したり、チャットユーザーだけ表示させるためのものです。

「有」でチャットユーザーもtwitterの様子も同時に見ることができ、「無」ではチャットユーザーに絞ったコミュニケーションが図れます。なお、チャット側からtwitterへの投稿は対応しておりません。

5)画像URLのサムネール表示
チャットにJPEG画像のURLのみが入力された場合、灰色で表示されるクリックできるリンクとなり、また指定されたドメインの画像URLはサムネール化されて右横縦に表示されます。(通常の日本語と同じ行で入力された場合は反応しません)

サムネール化された画像はクリックすると、別ウィンドウ(または別タブ)に表示されます。
管理人はイベント中は通訳に専念しているので、あいにく画像の投稿が出来ません。ユーザーの皆様の画像投稿へのご協力に感謝しています。
なお、制限ドメインの指定は管理者が行っており、基調講演に関連した情報のドメインのみサムネールが表示されるようにしております。また、JPEG以外の画像形式には対応しておりません。
6)他の発言の参照
メッセージ入力欄にカーソルがある場合、他の発言の番号をクリックするとメッセージ番号が自動的に入力されます。(図では観客Dがc97の発言をするさいにc96を引用)また、参照部分にカーソルを当てると、元発言がハイライトされます。