iPhone 6 Media Event in Japanese

1) 通訳中継日時

Wish We Could Say More

macwebcaster.com(マックウェブキャスター・ドットコム)は米国Apple社が日本時間9月10日午前2時より開催する(新型iPhone発表と思われる)メディアイベントを日本語同時通訳いたします。なお、番組放送予定は下記のとおりです。また、この番組はEngadget Japaneseさんとのコラボでお送りいたします。

  1. 直前予想番組:9月10日午前1時20分頃〜
  2. 同時通訳:午前2時頃〜
  3. 反省会/感想戦番組:同時通訳終了後

2) 機種別の視聴手順

通訳放送の使い方ですが、下図のとおり、一つのウィンドウでAppleの公式生中継(公式生中継がない場合にはガジェット系liveblogの静止画)を見ながらもう一つのウィンドウでこのページの通訳放送を聞いていただく、という形式です。

同時通訳中継を視聴するにはPC版ページの上部ナビゲーションバーにあります、Wowzaサーバー(低遅延&推奨)、ニコニコ生放送、の2種類のチャンネルから選んでクリックしてください。なお、機種別の詳しい案内は以下のとおりです。

  1. Mac 1台で視聴する場合はこちら
  2. iOSデバイス(iPhoneやiPad)2台で視聴する場合はこちら
  3. Windows 1台とiOSデバイス(iPhoneやiPad)1台で視聴する場合はこちら

3) 通訳/放送内容

この放送では、Apple公式の生中継を補助する目的の日本語通訳音声をお送りします。基調講演現地の生中継動画映像はお届けしません。公式生中継の映像と通訳を合成して放送することも技術的には可能ですが、Appleが著作権上、生中継動画の改変・再配信を認めていない(※画像参照)ため、視聴者の皆様の操作で2つの放送を同期いただいています。※なお、Appleの公式生中継がない場合はガジェット系liveblogの英語テキスト中継を日本語訳します。

番組中の同時通訳の方法は通訳人数によって異なります。詳しくはこちらをご覧下さい。

4) 通訳の文字情報配信

twitter、facebook、そしてLINEで通訳の文字版を基調講演時に配信します。内容例は上のとおりです。twitterのフォローやfacebookページの「いいね!」ボタンは右側のコラムをご利用下さい。

イベント当日のハッシュタグは#mwliveです。みんなで基調講演の感想を共有しましょう!また#mwliveのついたtweetは同時通訳中継番組の映像に表示されます!(tweet多数の場合はサーバーの自動選別です)

また、LINEではグループトーク(限定200名)とタイムラインでイベント用通訳配信を楽しんでいただけます(詳しくはこちらへ)。

5) 提供・協力

Engadget Japanese様はメディアパートナーとして広報等の協力をいただいております。

株式会社JIMA様、並びにDPSJ(日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社)様より、Wowza Streaming Engineによる低遅延の生中継環境を提供いただいております。

WakiWaki.net様より、番組コラボのLINEスタンプを提供いただいております。

iBgm.jpを展開するMEDIAPLANET株式会社様よりオリジナルBGMを提供いただいております。

6) LiveBlogs(通訳が使う優先順に並んでいます)

7) 問い合わせ先

当サイトについてのお問い合わせがありましたら、以下のメールアドレスまでお願いします。(但し、イベント直前のご連絡には対応できない場合があります。ご了承下さい)

133.242.224.85

WWDC2014 Keynote in Japanese on Demand

日本語同時通訳付きでWWDC2014基調講演録画を見る方法

1)下にあるYouTubeの通訳ビデオ再生ボタンを押す。

2)通訳ビデオ再生を32分40秒で止める。

3)AppleのWWDC2014基調講演録画ページをSafariで開く(ここをクリック:別ウィンドウで開くことを推奨)

4)通訳ビデオ再生を再開する。

以上です。

同時通訳中継の視聴者数等【2014.06.22:追記】

瞬間最大視聴者数と番組全体の総アクセス数を集計しましたので、ご報告いたします。

瞬間最大視聴者数は06/03 02:52AM時点で、Ustream:2,040人、ニコニコ生放送:2,912人、wowzaサーバー:4,821人の合計、9,773人となりました。

当日の番組への総アクセス数はUstream:12,009人、ニコニコ生放送:13,844人、wowzaサーバー:18,031人の合計、のべ43,884人となりました。

なお、番組のハッシュタグ「#mwlive」はついっぷるが集計する人気ハッシュタグで06/03 午前3時台前半で4位となりました。

多くの皆様にご視聴・ご支援いただき、ありがとうございました。

今回の放送では、低遅延のwowzaサーバーを導入し、多くの皆様にApple公式生中継とより同期した同時通訳放送を提供できましたことを、視聴者の皆様から評価いただき、我々も喜んでおります。

今後ともApple基調講演/発表会同時通訳中継をよろしくお願いいたします。

WWDC 2014 Keynote in Japanese

1) 通訳中継日時

WWDC 2014

macwebcaster.com(マックウェブキャスター・ドットコム)は米国Apple社が日本時間6月3日午前2時より開催するWWDC2014基調講演を日本語同時通訳いたします。なお、番組放送予定は下記のとおりです。また番組内でEngadget Japaneseさんとのコラボ企画を予定しております。

  1. 直前予想番組:6月3日午前1時30分頃〜
  2. 同時通訳:午前2時頃〜
  3. 反省会/感想戦番組:同時通訳終了後

2) 機種別の視聴手順

通訳放送の使い方ですが、下図のとおり、一つのウィンドウでAppleの公式生中継公式生中継がない場合にはガジェット系liveblogの静止画)を見ながらもう一つのウィンドウでこのページの通訳放送を聞いていただく、という形式です。

同時通訳中継を視聴するにはPC版ページの上部ナビゲーションバーにあります、Wowzaサーバー(低遅延&推奨)、Ustream、ニコニコ生放送、の3種類のチャンネルから選んでクリックしてください。なお、機種別の詳しい案内は以下のとおりです。

  1. Mac 1台で視聴する場合はこちら
  2. iOSデバイス(iPhoneやiPad)2台で視聴する場合はこちら
  3. Windows 1台とiOSデバイス(iPhoneやiPad)1台で視聴する場合はこちら
  4. Windows 1台で視聴する場合はこちら(Appleにより対策されてしまいました)

3) 通訳/放送内容

この放送では、Apple公式の生中継を補助する目的の日本語通訳音声をお送りします。基調講演現地の生中継動画映像はお届けしません。公式生中継の映像と通訳を合成して放送することも技術的には可能ですが、Appleが著作権上、生中継動画の改変・再配信を認めていない(※画像参照)ため、視聴者の皆様の操作で2つの放送を同期いただいています。※なお、Appleの公式生中継がない場合はガジェット系liveblogの英語テキスト中継を日本語訳します。

番組中の同時通訳の方法は通訳人数によって異なります。詳しくはこちらをご覧下さい。

4) 通訳の文字情報配信

twitter、facebook、そしてLINEで通訳の文字版を基調講演時に配信します。内容例は上のとおりです。twitterのフォローやfacebookページの「いいね!」ボタンは右側のコラムをご利用下さい。

イベント当日のハッシュタグは#mwliveです。みんなで基調講演の感想を共有しましょう!また#mwliveのついたtweetは同時通訳中継番組の映像に表示されます!(tweet多数の場合はサーバーの自動選別です)

また、LINEでmacwebcasterを友だち登録(iPhoneでこのページを見ている場合、上になっている「友だち追加」ボタンをタップ)していただくと、LINEのタイムライン上へ通訳テキストが配信されます(詳しくはこちらへ)。

5) 提供・協力

株式会社JIMA様、並びにDPSJ(日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社)様より、Wowza Streaming Engineによる低遅延の生中継環境を提供いただいております。

Engadget Japanese様よりWWDC会場からの静止画を提供いただいております。

iBgm.jpを展開するMEDIAPLANET株式会社様よりオリジナルBGMを提供いただいております。

6) LiveBlogs(通訳が使う優先順に並んでいます)

engadget, Mac Rumors, ars technica, THE VERGE, SlashGear, TUAW, MacWorld, gizmodo, The Mac Oberver, CNET, TWiT (Ustream), CNET (Livestream), Apple’s WWDC June 2nd LIVE Coverage (Ustream),

7) 問い合わせ先

当サイトについてのお問い合わせがありましたら、以下のメールアドレスまでお願いします。(但し、イベント直前のご連絡には対応できない場合があります。ご了承下さい)